信頼と実績 AA-はんこ本舗

お問い合わせフォーム 印鑑よもやま話 独立・開業される方 ご購入Q&A 法人用印鑑のご説明 個人用印鑑のご説明 印鑑ケースのご説明 書体のご説明 サポートガイド お支払い・お届け・送料ガイド ご購入ガイド TOPページ&商品のご案内


■■印材(材質)についてのご説明■■

印材選びのポイント 印鑑は出生・入学・就職・結婚といたるところで必要になります。

印鑑証明の 取れる実印は、時と場合により本人より大切にされ重要な役割を果たしてしま います。

実印は何度も作りかえるのではなく、生涯に一本ですませていただく のが私共の願いですので、

黒水牛以上の物をお選びいただくととをお奨めいた します。

良い印材とは

長い間に伸縮・曲がり・ひび割れなどの変形が生じないものです。

適度な硬さで緻密な文字の彫刻に優れ、磨耗が少なく朱肉の着きがよく 綺麗な印影が出るものです。


象牙材
象牙

象牙・水牛・柘などいろいろな種類の材料がありますが

「何故象牙が良いの」と 質問をいただきます。

それは高い物を売りたいのではなく、象牙が緻密な印字の 彫刻に適し、磨耗が少なく朱肉との相性に最も優れているからです。

これは自分 で手彫りをしていますので自信を持っておすすめできる要因です。

 

ワンポイント

当店ではきめの細かい象牙の中心から取れた『特上材』とさらにきめの細かい 『極上材』を使います。

※当店で取扱う象牙は正規流通品である証の通産省認証のシールが付いております。

オランダ水牛・白水牛
オランダ水牛・白水牛

ベージュ色の美しい印材です。黒水牛と同様に芯の部分を持った素材を厳選して使っております。

 

ワンポイント

オランダ水牛のもつ自然で上品な色合いは、黒水牛のように きつい色遣いとは違うため女性の方には、特にお奨めです。

因みにハンコの業界では、オランダ水牛と言っておりますが陸牛です。

 

オランダ水牛・斑入り
オランダ水牛・斑入り

画像でもおわかりのように、ブラウンの模様が入った素材です。

品質は純白の 物と比べても何ら遜色はありません。

 

ワンポイント

業界の慣習として低く見られているため 原材料費が安いため、

価格もお安くなり、また模様にオリジナル性があります ので、お買い得商品と言えます。

 

黒水牛(芯持ち・染めなし)
黒水牛(芯持ち・染めなし)

最もポピュラーな印材で、印材としては象牙に次いで適材です。

硬さや 粘り具合も、非常に彫刻には適しています。

角の先端部分の芯の所から取 れる芯持ちと言われる材料を使用いたします。

 

ワンポイント

一般には、黒く染めてしまってい る材料をお使いになるところがほとんどですが、当店では染めナシと言わ れる材料を劣化させる加工を施さず、職人さんが丹精込めて材料を磨き上 げた素材を厳選して使っております。

その中でも金丹といわれる印のついたものは、最高級品の証として印材の 側面に作者の雅号を彫らせていただいております。

Q何故芯の部分で染めていないものが良いのですか?

牛の角は、象牙の牙や骨と違い皮膚が角質化して出来た物ですので、

長い間に ひび割れたり、歪んだりしてしまう場合があります。

芯の部分を使い、染めて しまう加工をしていない物は、より耐久性に優れている材料です。

 

柘植(ツゲ)
柘植(ツゲ)

木目が綺麗で印面に木地ができず、木に粘りがあるので繊細な彫刻に適して います。

また木の中では一番欠けずらいため、木質の印材の代表と言えます。

 

当店では特に粘りも強く素材に優れている、日本産の柘植(薩摩産)を使用 しています。

東南アジア産の柘植は、手彫りをすると粘りが弱くボソボソと してしまいます。